HOME > お肌とホルモンの関係

お肌とホルモンの関係

生理前になるとお肌が荒れたり、ニキビが出来やすくなるという女性は多いものです。
生理はホルモンのバランスを変化させますが、ホルモンのバランスとお肌の好不調には因果関係があるのはご存知でしょうか。

実は女性のお肌に影響を与える2種類のホルモンがあることが分かっています。
1つは黄体ホルモン、もう1つは卵胞ホルモンと言われるものです。

黄体ホルモンはプロゲステロンとも呼ばれ、生理前に分泌が促進されるホルモンです。
生理前にお肌が荒れるのはこの黄体ホルモンが悪さをするからです。

黄体ホルモンが分泌されると、皮脂の分泌を増やし、ニキビやシミを出来やすくさせます。
ですから生理中は特に洗顔で皮脂をしっかりと落とし、化粧品で保湿することが大切になります。

またシミも出来やすいので、紫外線対策も忘れてはいけません。
一方で卵胞ホルモンはエストロゲンとも呼ばれ、別名美肌ホルモンともいいます。

エストロゲンが分泌されると、お肌の潤いが戻ってきたり、コラーゲンが生成されるのでハリや弾力も出てきます。
エストロゲンは生理後に分泌されるので、生理が終わるとお肌の調子が良くなる人も多いはずです。

実はこのエストロゲン、思春期を迎えた頃に分泌が始まるホルモンで、30代後半から40代になると途端に分泌量が減ってしまうホルモンなのです。
ですからエイジングケアにも、このエストロゲンの分泌量が減らないような対策をする必要があるのです。

普段から規則正しい生活を送り、ホルモンの分布を阻害するような行為は避けなければなりません。
また大豆には女性ホルモン様作用があり、アンチエイジングには有効な食品です。

普段から納豆や豆腐などを料理に取り入れ、エストロゲンの不足を補うようにすると美肌を維持するのに役立つでしょう。